2007年6月22日

セルフイメージについての考察


ジグ・ジグラー, 田中 孝顕 / きこ書房(2007/04)
Amazonランキング:78023位
Amazonおすすめ度:
わたしダメ、おまえダメは、やっぱりダメらしい
あたたかい気持ちになれます
金持ち父さんの本で推薦されているジグラー

けっこう前からセルフイメージ(自分自身に対して抱いてるイメージ)が大切ということは
知っていたのですが

最近、実際速聴を行ってみたり色々あって
イメージを作り上げてたつもりが全然できてないことに気がつきました。

自分の経験も踏まえて
一番大切なのは、愛の本質を知ることが
一番セルフイメージが跳ね上がります。

PS:最近愛にまた目覚めることができました。
愛すべき友人達に感謝します。

愛=無償の愛 であること このことを頭ではなく感情レベルで理解すること。

大切なのは、自分が愛を持つことです。
確信できるような強い愛を自分自身が持つことで
はじめてはっきり理解できます。

誰かを自分のことのように大切に思える自分は
例えば、何も能力がなかったとしても
現在、成功してたりお金もちでなかったとしても
無条件に好きになれるように人間はできているからです。

簡単に書きましたが 愛を知るのはけっこう難しくて簡単です。
僕自身、23~24くらいの間 かなり長いこと考えたり
実生活の中で試行錯誤をしながらはじめてわかりました。

(できたときにはじめて簡単だと理解できますが
 それまではまったくわかりません。 また一度理解しても障害があったときに
 世界観がゆがんでしまうとまたわからなくなります。)

最近、愛をまた理解できたので
第一番に書いてみました。

僕自身、つきあっていた彼女との別れの後
ちょっと成功にこだわりすぎて世界観がすっかりゆがんでしまってました。

(病んでるときは病んでることに自分では絶対に気がつけなくて
正常になったときはじめてすべてを理解できます。 
一瞬で劇的に世界観が変わるので奇跡的なわかりかたします。)

すいません。 こういう経験がない人はちょっと
わからないかも でもわかる人もいると思うので

セルフイメージってすごい大事だと思うので
ちょくちょくいろんな角度から書いてみますね。

最後にこの本にも書いてあるのですが

セルフイメージが高い人間でもさがってしまうことが
あるらしんですが

リストラ
大切な人との別れ

あっ だからすごいさがってたんだ納得

戻ったよ!